\水原一平特集はこちら/

IKEAフリサットのテーブルは何歳まで?実際に使用して感じた口コミまとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

子どもが2歳頃になると、絵を書いたり工作をして遊ぶようになりますよね。

しかしそうなると、色鉛筆や紙などが部屋中に散らかってしまいがちです。

そんな時にオススメなのが、IKEAのFLISAT(フリサット)シリーズの子ども用テーブルです。

このFLISAT(フリサット)はとても使い勝手が良く、子どものお絵描きや工作にピッタリの商品なんです!!

わが家では長女が2歳頃から使い始め、現在5歳になりました。

子ども用テーブルは作りが小さいので、何歳まで使えるか気になるところだと思います。

そこでこの記事では、フリサットのテーブルを2年以上愛用している私が、IKEAフリサットのテーブルは何歳まで?実際に使用して感じた口コミについてまとめています。

子ども用テーブルでお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください♪

目次

IKEAのFLISAT(フリサット)のテーブルは何歳まで使えるの?

IKEAフリサット

IKEAの公式サイトでは、FLISAT(フリサット)の対象年齢は0~6歳までとなっています。

わが家の長女(5歳・身長105㎝)が使用するとぴったりです。

フリサットのテーブルに5歳児が座る姿

ちなみに、子ども用のイスとテーブルの適合サイズはJIS規格で決められています。

それによると、身長120cmまでの子供が使うイスの座面高は、身長の25%程度、テーブルの高さは身長の44%程度が最適とされているんです。

  • 2~3歳頃(身長80~90㎝)・・・・テーブルの高さ:35~40㎝・イスの座面高:20~23㎝
  • 4~5歳頃(身長100~110㎝)・・・・テーブルの高さ:44~48㎝・イスの座面高:25~28㎝
  • 6~7歳頃(身長120~130㎝)・・・・テーブルの高さ:52~55㎝・イスの座面高:31~33㎝

ではIKEAフリサットの子ども用テーブルのサイズは、どうなっているのでしょうか?

IKEAフリサットのサイズ

だいたい4~5歳頃、身長でいうと100~110㎝の子どもにぴったりのサイズですね。

そのため、IKEAフリサットの子ども用テーブルはだいたい未就学児にぴったりのサイズといえます。

しかし、年中の長女もまだまだ使えそうです!

収納もできて本当に便利なテーブルなので、わが家ではギリギリまで使おうと思います(笑)

IKEAのFLISAT(フリサット)のテーブルを実際に使用して感じたメリット

フリサットのテーブルで2人で遊ぶ写真

わが家では、IKEAのフリサットを3年程使っています。

実際に使ってみると、フリサットのテーブルは子どものお絵描きや工作にぴったりの商品でした!

そこで、使用してみて感じたIKEAフリサットのメリットをご紹介します♪

工作に使う道具を全て収納することができる

フリサットのテーブルは、トロファストの収納ケースがぴったり入るようになっているので、収納スペースを確保することができるんです。

IKEAフリサットの収納ケース

このように中に、工作で使うペンや、はさみ、テーブなどをしまうことで、使わない時もスッキリとした見た目のままになります。

角が丸くなっていて安全

子ども用の商品のため、角が丸くなっているので小さな子どもがいても安心して使うことができます。

IKEAフリサットの角

また、シンプルなデザインなので、どんなインテリアにもなじみます♪

2人並んで使うことができる

天板の広さが十分にあるので、姉妹2人で並んで使用することが可能です。

どっちが使うかで取り合いになることがないので、兄弟や姉妹がいる方には特におすすめです。

フリサットのテーブルで2人で遊ぶ写真
ぴよ

いつも二人で楽しそうに工作しています♪

ケースを入れ替えれば砂遊びにも使える

フリサットのテーブルは、トロファストのケースが使えることが魅力の1つです。

わが家では、そのトロファストのケースを余分に購入して、砂遊び用にしています

トロファストのケースに、キネティックサンドを入れて保管し、子ども達が砂遊びがしたいとなったらテーブルのケースを入れ替えてお庭で砂遊びを楽しんでいます。

キネティックサンドに入れ替えた写真
キネティックサンドで遊ぶ子ども

今までは、キネティックサンドを大きな収納ケースに入れて、このように床に座って遊ばせていました。

キネティックサンドで遊ぶ子ども達

しかし子どもの背が伸びてくると、机があった方が遊びやすそうだったのでこの方法になりました。

フリサットのテーブルは重さが8キロ程度なので、女性の私でも持ち運びは簡単で、移動も苦ではありません

簡単にコンパクトにすることができる

テーブルの脚は、回すだけで簡単に取り外すことができるので、仕舞っておきたい時や引っ越しの時などすぐにコンパクトにすることができます。

フリサットをコンパクトにした様子

わが家でテーブルとセットで使用しているこちらのイス(別売り)も、脚を回すと簡単に取り外すことができます。

IKEAフリサットのイスをコンパクトにした様子

IKEAのFLISAT(フリサット)のテーブルを実際に使用して感じたデメリット

魅力たっぷりのフリサットですが、使用しているとデメリットもいくつかあったのでご紹介します。

購入を検討されているかたは、チェックしてみてください。

小さい子は蓋を開けるのが難しい

フリサットのテーブルの蓋は、真ん中の隙間に指を入れて持ち上げる設計になっています。

IKEAフリサットのテーブルの蓋


この蓋が結構思いので、2歳児では自分で蓋をあけることができませんでした

そのため、次女はいつも長女に蓋を開けてもらっていました。

現在次女は3歳になりましたが、やっと自分で開けることができるようになりました。

3歳の子どもがテーブルの蓋を開ける様子

蓋は子どもには重いので、特にまだ1人で蓋を開けることができない2歳以下のお子さんが使う場合は、指を挟まないように注意して下さい!!

イスは別売り

フリサットのテーブルはイスがセットになっていません

別売りのため別途購入する必要があります。

私はIKEAの公式サイトでも、テーブルとセットで写真に写っていた子ども用スツールを2個購入しました。

このイスには背もたれがないので、小さな子は落ちてしまわないように注意が必要です。

蓋を開けるためにテーブルの上を片付ける必要がある

フリサットのテーブルは、トロファストのケースを使って収納できることが魅力です。

しかし工作をしている最中にアイテムを取り出したい時は、蓋を開けるために開けたい側のスペースを空ける必要があります

そのため子どもは少し億劫に感じてしまうかもしれません。

しかしわが家の子どもたちはそこは臨機応変に対応しており、欲しいペンやはさみを取りたい時は、うまく蓋を開けて使っています。

まとめ:IKEAフリサットのテーブルは何歳まで?実際に使用して感じた口コミまとめ

子どもが書いた絵

わが家の子ども達は工作が大好きで、いつも2人ではさみやペンを使って工作をしています。

そして子ども部屋が、切った紙やペンで散らかり、とても悲惨な状態になっていました・・・・

今回ご紹介したフリサットのテーブルを使ってからは、

片付けてよー!

と言うと、使ったペンや紙をテーブルの中のボックスにしまうだけでいいので、子ども達もお片付けがかなり楽になりました。

しまってしまえば見た目は綺麗になるので、親も満足です(笑)

サイズ的には未就学児用なので、小さなお子さんがいるご家庭にはぴったりです!

子どもが工作大好きで、部屋が散らかってしまうのにお悩みの方は、ぜひフリサット子ども用テーブルを使ってみてください♪

子どものおもちゃ収納にお悩みの方は、同じくIKEAのトロファストという収納棚がとってもおすすめです♪
フリサットのテーブルに使うケースと同じものが使えるんです。
こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみて下さい♪

目次