\水原一平特集はこちら/

【なぜ】ミセス新曲コロンブス炎上理由10選!批判内容や歌詞もヤバイ?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

2024年6月12日にMrs. GREEN APPLE(ミセスグリーンアップル)がコカ・コーラとコラボした新曲「コロンブス」を発表しました。

しかし、ミセスの新曲「コロンブス」のMVが公開されると「差別的な表現がある」と炎上する事態となっています。

ミセスの新曲「コロンブス」はなぜ炎上してしまったのか、批判内容や歌詞の意味から理由を深堀してみました!

そこでこの記事では、

についてまとめています!

気になる方はぜひご覧になってください。

目次

ミセスの新曲コロンブス炎上の経緯まとめ!謝罪するもMVやCMは公開停止に

ミセスのコロンブスMV
出典:ミセス公式YouTube

ミセスの新曲「コロンブス」が炎上してしまった経緯がこちら。

  1. 6月12日ミセスの新曲「コロンブス」がリリースされる
  2. 公式YouTubeで公開されたコロンブスのMVに対して批判コメントが殺到
  3. 6月13日にはXでもトレンド入りするなど炎上
  4. 6月13日の午後ボーカルの大森元貴さんやレコード会社が謝罪を発表
  5. 「コロンブス」のMV公開停止
  6. 6月13日の夜に日本コカコーラ社からタイアップCMの公開停止が発表
  7. 6月14日にMステで歌唱予定だった「コロンブス」が「青と夏」に変更される

2024年6月12日に公開されたMrs. GREEN APPLE(ミセスグリーンアップル)がコカ・コーラとコラボした新曲「コロンブス」が大炎上し、13日には「コロンブス」のMVビデオの公開が停止されました。

13日の午後には静止画のみでコロンブスの楽曲自体は公開されていましたが、現在ミセスの公式YouTubeでもコロンブスの楽曲自体公開されていない状況です。

この炎上について、ミセスのボーカルである大森元貴さんや、レコード会社のユニバーサルミュージックは共に謝罪しています。

ミセスのボーカル大森元貴さんの謝罪文

「コロンブス」のMusic Videoを制作するにあたり、

・年代別の歴史上の人物

・類人猿

・ホームパーティー

・楽しげなMV

という主なキーワードを、初期構想として提案しました。

類人猿が登場することに関しては、差別的な表現に見えてしまう恐れがあるという懸念を当初から感じておりましたが、類人猿を人に見立てたなどの意図は全く無く、ただただ年代の異なる生命がホームパーティーをするというイメージをしておりました。

しかしながら、意図とは異なる伝わり方もするかもしれないと思い、スタッフと確認し合い、事前に特殊メイクのニュアンス、衣装、演じ方のフォロー、監修をしていたつもりではおりましたが、そもそもの大きな題材として不快な思いをされた方に深くお詫び申し上げます。

ミセスグリーンアップル公式サイト

しかし、6月13日にキャンペーンに起用していた日本コカ・コーラ社から以下の発表があり、Mrs. GREEN APPLE(ミセスグリーンアップル)とコラボした新CMも公開停止になったことが判明しました。

「コカ・コーラ社はいかなる差別も容認しておりません。今回の事態を遺憾に受け止めております。本楽曲を使用したすべての広告素材の放映を停止させていただきました。また、弊社ではミュージックビデオの内容に関しましては、事前に把握をしておりません」

ミセスグリーンアップル公式サイト

【なぜ】ミセスの新曲コロンブス炎上理由10選!批判内容は?

一体なぜ、ミセスの新曲「コロンブス」はここまで炎上してしまったのでしょうか。

批判内容や炎上理由として以下の点が挙げられます。

それぞれ詳しく見ていきましょう!

炎上理由①タイトルが「コロンブス」

もそもそタイトルが「コロンブス」という点で批判が集まっています。

コロンブスに対して”アメリカ大陸に到達した探検家”というイメージを持つ方も多いと思いますが、実はコロンブスには、もう一つの顔があります。

それが、”侵略者”そして”奴隷商人”としての顔です。

そんな「コロンブス」自体を楽曲のタイトルにもってきたことに多くの批判が集まっているようです。

炎上理由②原住民を猿のように表現

コロンブスのMVでは、ボーカルの大森元貴さんがコロンブスに、若井滉斗さんがナポレオンにそして藤澤涼架さんがベートーヴェンに扮し、違う時代を生きた偉人が一緒に旅をするストーリーが描かれています。

その中で500万年以上の時を超えて類人猿に出くわし、ホームパーティーをするいうシーンが描かれますが、原住民である類人猿を猿のように表現しています。

原住民を猿のように表現

そのことで、原住民を猿扱いしていると批判につながったようです。

炎上理由③猿に人力車を引かせている

「コロンブス」のMVには、メンバーが乗った人力車を猿に引かせているシーンが繰り返し出てきます。

猿に人力車を引かせている
猿に人力車を引かせている

実際に人力車を引いている猿はとてもつらそうな表情をしていることから、猿を奴隷扱いしていると批判につながっています。

炎上理由④人力車を引いているのは黒い猿

ミセスの新曲「コロンブス」のMVには、明るい茶色の猿や、黒っぽい猿など様々な色をした猿が登場します。

人力車を引いているのは黒い猿

しかし、なぜかその中でも人力車をひいている猿は黒い毛をした猿のみなんです。

コロンブスには人力車を引く猿の様子が何度も登場しますが、全て黒い猿が引いています。

そのことが人種差別ではないかとの批判につながっています。

炎上理由⑤猿に教育している

コロンブスでは、ミセスのメンバーが原住民の猿たちにピアノの弾き方を教えたり、乗馬を教えたりし、人力車を引かせたりして、猿に学問や文化を教えるシーンが登場します。

猿に教育している
猿に教育している

”先住民”である猿の島に勝手に侵入した、コロンブスなど偉人に扮するミセスのメンバーが文化を指導する姿に、疑問を抱く人が多かったようです。

炎上理由⑥猿同士が死を悼むシーンをコロンブスがビデオ鑑賞

コロンブスには、猿同士が死を悼むシーンをコロンブス達がビデオ鑑賞する様子が流れます。

このシーンの意図が不明すぎると疑問を持つ方が多かったようです。

猿同士が死を悼むシーンをコロンブスがビデオ鑑賞に対する批判

炎上理由⑦植民地支配や西洋中心主義を肯定する内容

このようなMVビデオを公開したということで、ミセス自身が植民地支配や西洋中心主義を肯定しているのではという批判につながっているようです。

  • 人力車を猿に引かせている(=奴隷)
  • 藤澤涼架さん扮するベートーヴェンが猿にピアノを教えている
  • 若井滉斗さん扮するナポレオンが猿に乗馬を教えている
  • 大森元貴さん扮するコロンブスが文字や航海術を教えている

といったシーンが、植民地支配や西洋中心主義を表現していると捉えられたようです。

炎上理由⑧コカコーラとのタイアップ曲

また、そもそもこの「コロンブス」という楽曲自体がコカ・コーラとコラボしたタイアップ楽曲だったことが大きな批判につながっています。

アメリカに本社を持つコカ・コーラ社とのコラボ楽曲に、「コロンブス」をモチーフにした楽曲を選んだこと自体がありえないとの声が広がっています。

コカコーラとのタイアップ曲に対する批判

炎上理由⑨この内容で公開まで至っている

一般の方が見てもすぐに「これはヤバイ」という内容のMVにも関わらず、誰にもストップをかけられることなく公開にまで至った点にも批判が殺到しています。

ボーカルの大森元貴さんは謝罪文の中で

類人猿が登場することに関しては、差別的な表現に見えてしまう恐れがあるという懸念を当初から感じていた

と語っていたので、その時の違和感にきちんと対策していればこのような事態にならなかったのではないかと思うと悲しいですね。

炎上理由⑩MVの監督はボーカルの大森元貴

「コロンブス」のMVについて、Planning Directorはミセスのボーカルである大森元貴さんとなっています。

「コロンブス」のMVのPlanning Director

そのため、コロンブスのMVビデオの発案者や監督はボーカルの大森元貴さんである可能性が高いです。

大森元貴さんの謝罪文でも初期構想を提案したのは自分だといっています。

そのため、「コロンブス」について何も調べずにMVや楽曲を制作したのか、とミセス自体にも批判が多く集まっています。

ミセスグリーンアップルの化粧については別の記事でまとめています。詳しく知りたい方はぜひご覧になって下さい!

ミセスの新曲コロンブスが炎上|歌詞もヤバイ?

ミセスの新曲コロンブスは、歌詞の中にもコロンブスに関する内容が含まれています。

また、今回はコカ・コーラとのタイアップ曲のため、コロンブスだけではなくコカコーラに関する内容も一緒に歌詞に織り交ぜられています。

偉大な大発明も
見つけた細胞も
海原に流れる
炭酸の創造

こちらは歌詞の抜粋ですが、このようにコロンブスの大発見や、コカコーラの炭酸など随所にそれぞれの要素が織り交ぜられていまする。

しかし、そもそも本社がアメリカにあるコカ・コーラ社とコロンブスをコラボさせた楽曲でこの歌詞はヤバイと話題になっています。

ミセスの新曲コロンブス炎上に対する世間の声

Mrs. GREEN APPLE(ミセスグリーンアップル)の新曲「コロンブス」が大炎上している一方で、XなどSNSではミセスを擁護する意見が多くありました。

ミセスのこれまでの活動から、偏った思考を感じないなど決して悪い意味で作った曲ではないと感じている方が多いようです。

ただ、

  • この楽曲がコカコーラ社とのタイアップだった
  • 猿に人力車を引かせるなど差別的要素が随所に含まれていた

ということで炎上につながってしまいました。

ミセスの楽曲は元気づけられるものが多く、実際にミセスの楽曲に助けられたという方も多いはずです。

今後はこのような配慮に欠けた事態が起こらないことをファンの方も願っています。

まとめ:【なぜ】ミセスのコロンブスが炎上した理由10選!批判内容まとめ

この記事では、ミセスの新曲「コロンブス」が炎上した理由について批判内容を詳しくまとめました。

炎上が話題になると、ボーカルの大森元貴さんやレコード会社も謝罪文をすぐに発表しましたが、結局MVは公開停止、そしてコカコーラもCMの停止を発表する事態になっています。

レコード大賞を受賞してこれからという時期の炎上に、ファンからは悲しみの声が多く出ています。

ミセスの今後の活動がどうなっていくのかも気になります。

ミセスグリーンアップルの化粧については別の記事でまとめています。詳しく知りたい方はぜひご覧になって下さい!

目次