\水原一平特集はこちら/

【デマ確定】夏休み廃止決定は本当か?いつから何県でなくなる?なぜ誰が決めたか調査

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

X(旧Twitter)など、SNSでは小中学校の夏休み廃止が決定して夏休みがなくなるといった投稿が多く出てきています。

本当に夏休みは廃止されてしまうのでしょうか?いつから、どこ・何県の学校で廃止になるのかが気になります。

また、高校生の夏休みもなくなる対象なのか気になりますね。

結論から言うと「夏休み廃止決定」はデマ情報です。岸田文雄総理も現時点で何も発言していませんので、夏休みがなくなるという事実はありません。

そこでこの記事では、夏休み廃止決定について以下の点でまとめています。

この記事で分かること

小中学生のお子さんがいる親御さんにとっては大変重大な問題ですので、ぜひ参考にして下さい!

目次

【デマ】学校の夏休み廃止決定は本当か?岸田総理は発言してる?

結論から言うと、小中学校の夏休み廃止が決定したという事実はありません。

完全なデマ情報です。

SNSなどで『夏休み廃止』が独り歩きして広がってしまっているだけなので、デマ情報に惑わされないようにしましょう。

夏休み廃止は誰か決めた?岸田総理は発言してる?

夏休み廃止は誰も決定していません。

岸田文雄総理も夏休み廃止について一切発言をしておらず、議論すらされていない状況ですので、夏休みがなくなるという事実はありません!

しかし、なぜ『夏休み廃止』がこんなにも世間に広がってしまっているのかが気になりますね。

次に、その理由について深堀りしていきます!

夏休み廃止決定・なくなると言われる理由はなぜ?理由はアンケートだった!

夏休み廃止決定と言われる理由はなぜ?理由はアンケートだった!

『夏休み廃止』という噂が広まった理由は、2024年6月26日に厚生労働省で行われた、認定NPO法人「キッズドア」による困窮子育て家庭へのアンケート結果の報告と、緊急提言の記者会見がきっかけでした。

キッズドアのアンケート結果によると、小中学生のいる困窮世帯の計60%が、子どもの夏休みについて「なくていい」「今より短い方がいい」と答えており、困窮子育て家庭への早急の支援を政府に訴えています。

しかし、実際に「キッズドア」は夏休み廃止を訴えているわけではありません。

そこで、キッズドアで公表されたアンケート結果やキッズドアの訴えが何だったのかをまとめます。

夏休み廃止に対するアンケート結果

「キッズドア」が公表したアンケートによると、夏休みについて「なくていい」「今より短い方がいい」と答えた貧困家庭は計60%とかなり高い割合となっています。

夏休みの廃止や短縮を求める理由として、主に以下の4項目が挙げられました。

夏休みの短縮や廃止を希望する理由(複数回答、上位4項目)割合
子どもが家にいることで生活費がかかる78%
給食がなく子どもの昼食を準備する手間や時間がかる76%
子どもに夏休みの特別な体験をさせる経済的な余裕がない74%
給食がなく子どもが必要な栄養を摂れない68%
出典:2024 夏 子育て家庭アンケートレポート(概要)

給食のない夏休みは困窮家庭にとってかなり負担になっている、ということが「キッズドア」のアンケートによって判明しました。

困窮家庭の夏休みに対する意見としては、以下のような意見が挙げられました。

学校の長期休みは給食がないので、毎年恐怖です。エアコンも仕方なくつけてます。電気代も高いし、食費もかかるし夏休みは辛いです。

夏休み、仕事があるので、学童に行かせないといけないですが、夏休みの弁当を作るのも不安です。子どもから足りないと言われる事もあります。

長期休みが明けると、家族で旅行に行った友達とかの話を聞いてきて羨ましそうにしているので格差を感じる

緊急提言では夏休み廃止を訴えていない

「キッズドア」は、夏休み以外にも貧困家庭の実態に関するアンケートをおこなっています。

キッズドアが行ったアンケート内容は以下の通りです。

  • 家計の変化
  • 物価高騰の影響
  • 保護者のの就労と賃金

それらのアンケート結果を踏まえ、政府に対して以下の提言を行いました。

キッズドアが提出した政府への提言
  • 夏休みを迎える困窮子育て家庭に現金給付を
  • 困窮子育て家庭の体験格差を埋める支援を
  • 年収 300 万円未満の困窮子育て家庭へ緊急の支援を
  • 困窮子育て家庭にも賃上げを

決して夏休み廃止を訴えているわけではないということが分かりますね!

休みを廃止してほしいと訴えるまでに困窮している家庭に対する支援を提言しているんです。

しかし、報道では『夏休み廃止』という部分だけが大きく取り上げられてしまい、『夏休み廃止』という言葉が独り歩きしている状況です。

現時点で『夏休み廃止』廃止に対する動きがあるわけではないので、惑わされないようにしましょう。

詳しいアンケート結果については、「キッズドア」の公式サイトにて確認することができます!

出典:『キッズドア』2024夏「困窮子育て家庭アンケートレポート」報告および緊急提言

夏休み廃止はいつから何県でなくなる?どこの学校?

夏休み廃止はいつから何県でなくなる?どこの学校?

夏休み廃止はまだ何も決定していないため、いつから始まるかや何県から、どこの学校からなくなるという情報は一切ありません。

現時点では何も決まっていない、検討もされていない状況です。

「夏休み廃止決定」というデマ情報に惑わされないようにしましょう!

学校の夏休み廃止決定は高校生も対象?

学校の夏休み廃止決定は高校生も対象?

現在噂になっている夏休み廃止は小中学生が対象ですが、高校生の夏休みはどうなるのでしょうか?

結論から言うと、高校生の夏休みも廃止になるという明確な情報はありません。

あくまでもネット上の噂が広まっているだけなので、もちろん高校性の夏休みが廃止になるという動きはありません。

「夏休み廃止決定」というデマ情報に惑わされないようにしましょう!

学校の夏休み廃止決定に対する世間の声|賛成派・反対派の意見まとめ

学校の夏休み廃止決定に対する世間の声|賛成派・反対派の意見まとめ

夏休み廃止に対する世間の声をまとめました。

賛成派・否定派で意見が様々分かれているようです。

夏休み廃止のメリット|賛成派の意見

夏休み廃止に対する賛成派の意見として、以下のような意見がありました。

夏休み廃止に対する賛成派の意見
  • 共働き家庭で家で夏休みをさみしく過ごす子供が減る
  • 夏休みがあると一日中YouTubeやゲームになる
  • 毎日給食があるほうが助かる
  • 教室にエアコンがあるから夏休みは不要
  • 夏休み廃止にして毎日4時間授業にすれば教師の負担が減る
  • 夏休み中は光熱費がかさむ
  • 夏休み中の事故を防げる
  • 廃止じゃなくて短縮してほしい
  • 働く親にとって夏休み廃止は助かる

現在ほとんどの小中学校にはエアコンが完備されているので、昔ほど長期の夏休みは必要ないのでは?という意見が多くありました。

そのため、廃止まではいかなくても短縮してほしいという声もあります。

夏休みは子供たちにとっては楽しみな期間ですが、親にとっては悩ましい期間のようですね。

夏休み廃止のデメリット|否定派の意見

夏休み廃止に対する否定派の意見としては、以下のような意見がありました。

夏休み廃止に対する否定派の意見
  • 子供たちの楽しみを奪ってはいけない
  • 教師の負担が増える
  • 夏休みは親子の時間が増える大切な期間
  • 夏休み廃止すると毎日4時間で帰ってくるからそっちの方が辛い
  • 子供にとっても教師にとっても大切なリフレッシュ期間
  • 夏休みにしかできない体験がある

夏休みを廃止すると、教員の負担が一気に上がって離職率が高まるといった意見が多くありました。

夏休みは教師にとって唯一気兼ねなく有給を消化できる期間でもあります。

また、早朝出勤や残業も不要で定時退社できるので、いつも残業が多い教員の方にとっても必要な期間のようです。

そして夏休みといえば子供たちにとっても1年で1番楽しみな期間ではないでしょうか?私もそうでした。

そうやって子供時代に夏休みを楽しみにしていた大人も多いはずです。

そんな子供たちの楽しみを奪ってはいけないという意見も多くありました。

まとめ:夏休み廃止決定はデマ!アメリカや海外でも夏休みは存在している

夏休み廃止決定はデマ!アメリカや海外でも夏休みはちゃんとある

この記事では、夏休み廃止という噂は本当なのかについてまとめました。

現時点で夏休み廃止は完全なデマ情報です。岸田総理も何か発言しているわけではありません。

いつから何県どこの学校から始まるのかについても全く決まっていませんし、議論もされていない状況です。

夏休み廃止決定というデマ情報に、惑わされないようにしましょう!

ちなみに、アメリカなど海外でも夏休みの制度は取り入れられています。現在世界中で夏休みの制度があり、廃止された国はありません。

海外での夏休み期間は以下の通りです。

国名夏休み期間時期
日本約1ヶ月半7月下旬から9月初旬まで
アメリカ約2ヶ月6月上旬から8月下旬まで
イギリス約1ヶ月半7月下旬から9月上旬まで
中国約2ヶ月7月上旬から8月下旬まで
韓国約1ヶ月半7月中旬から8月末頃まで
オーストラリア約1ヶ月半12月中旬~1月末頃まで

だいたい夏休みの期間は1ヶ月半~2ヶ月ほどで、各国同じくらいですね!

しかし海外では、子供の夏休みに合わせて働く親も一緒に夏休みをとるのが一般的です。

日本でも8月にお盆休みがありますが、長くても1週間程度。

しかし例えばヨーロッパでは、大人たちも1ヶ月程度休むので、家族でキャンプに行ったり旅行に行ったりと家族で思い出作りもできますし、子供が家でさみしい思いをすることもないのです。

ちなみに、海外では夏休みの宿題が出されない国がほとんど。

海外では夏休みは普段とは違う体験ができる期間として、大切に考えられている証拠ですね!

そんな中日本では、貧困家庭への影響が大きいため夏休み廃止を訴える声があるのも事実です。

教室にエアコンが完備されている学校も多く、今後夏休みが短縮になっていく動きはありそうですね。

ただ個人的には、子供たちや教師にとっても大切な夏休みが廃止されないことを願います。

目次